読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画感想

・『Romeo + Juliet』
とりあえずレオナルド・ディカプリオ様が大天使すぎます…セクシーでかっこいいのにめちゃめちゃかわいい…金髪やばい…登場して最初の5秒くらいでもうお腹いっぱいになるレベル
シェイクスピアのロミジュリを現代パロ的にしたお話です。両家の対立が、現代マフィアの抗争に置き換えられてます。アロハシャツ着てるし、馬じゃなくて車に乗ってるし、ヘリも飛んでるし。でも台詞は原作そのままの古典英語だからなんか可笑しい。
シェイクスピアのは原書で読んだので内容と台詞はかなり覚えているんですが、それでもハァ?\(^O^)/ってなるくらい早口でまくし立てるので見るのが大変でした。
あとジュリエットちゃんもめっちゃかわいいです。子供っぽさのなかに色気があってまさにこういうのがジュリエットだわって感じです。ふつうのロミジュリ映画に出てたオリヴィア・ハッセーも、少女の顔から凛々しい表情まで見せてくれておお!ってなったな。それにしてもジュリエット演じる人はみんな神様みたいに美しい少女で、どこからこんな人みつけてきたのと思う。

 

・『チャタレイ夫人の恋人』
露骨な性描写が理由でいろいろと問題になった文学作品の映画版。
まあぶっちぎりでエロいわけでもなく割と普通でした。原作読まないと意味ないなと思った…
同時代の人々がびびるくらいの描写がどんなものかすごく興味はあるんですが、自分で英語で読んでもエロくならなそう…笑
映画自体は、深い霧の出る庭や森が綺麗でコニーも美人でよかった。でも話がわかりにくくてどういうこっちゃこのおばさん誰やとかずっと言ってた\(^o^)/

 

・『ハワーズ・エンド』
フォースター先生の同名小説の映画版。イギリスの家に住みたくなる。壁紙やソファの布の柄がいちいち可愛い感じとか、センスのいい食器や古い家具とか、ごちゃごちゃしてるのにどこか調和している、憧れますね。
ヘレン役の女優さんが、ハリポタのベラトリックス嬢をやっていた方でした。もう最初からベラトリックスにしか見えなかった笑あれはまり役だよねー。
ストーリーらしいストーリーはあんまりなくて(とわたしは思っているんですが)少しずつ人の心が変わって誰かと結び付いたり離れたりしていく様子をぼんやり眺めるような作品なので、映画では衣装や風景、小物といったものを存分に楽しむことが出来ました。とくに家の中(タイトルに家の名前を冠しているわけですし)の様子には力が入っていてとっても魅力的でした。
惜しむらくは原作読んだときにわたしがうおおおなんて素敵な文章なんだ!と思ったところが尽くカットされていたことかな…好きな台詞くらいは言ってほしかったけど文章はしょうがない